キャリアセレクタビリティ項目
主観正義性
(3件)

現代の社会的価値の高い商品・サービスとはどういったものなのか、それをつくっていくために必要なマインドとはどのようなものなのかを考える内容です。

変化の激しい現代では、従来の方法では解決できない課題があります。 答えのない課題に対して、「ありたい姿」から逆算して考えるアプローチ方法とテクニックを学びます。

コヴィー博士の生前の映像も交え、「第8の習慣」として、まずリーダー自身が、自分の内面にどのようなリーダーシップを見出せばよいのかを考えます。