キャリアセレクタビリティ項目
多様受容性
(9件)

仕事においては自分を素直に表現して、相手にも耳を傾け理解しようとする姿勢が大切です。気持ちを率直に伝えることの必要性、そのポイント・方法を学びます。

仕事では相手の感情や気持ちを汲み取ることが必要です。相手と信頼関係を築くための積極的傾聴を、「態度・姿勢」、「質問のスキル」にポイントを絞って学びます。

業務を円滑に進めるためにはコミュニケーション能力の向上が必要不可欠。エゴグラムを用いて自分自身のコミュニケーション上の強み・弱みやストレス要因を理解します。

他者とのコミュニケーションにおいて、生産的・非生産的なやり取りを理解。他者のエゴグラムを想定し、自分とのコミュニケーションにおいての改善点を考えます。

誰もが苦手とするクレームを「処理」ではなく「対応」とし、今後の信頼関係やファンを生み出すチャンスに変えるコツを学びます。

シナジーを創り出すために重要なことは、周囲と自分の「相違点」を尊ぶということです。この講座では、違いを生かし第3の案を創り出す方法を学びます。

部下が仕事で成果を出すためには、それぞれのタイプに応じた指導法が必要。この部下のタイプに応じた指導法を、ケーススタディを交え実践的に学ぶことができます。

変化の激しい昨今、様々な考えを柔軟に取り入れる考え方が重要になってきています。 この多様受容性が求められる背景や高める方法を学びます。

チームや組織のメンバーが自らマネジメントし、才能をフルに発揮させる状態を作るには? チームを正しい方向に導き、シナジーを創り出す方法を学びます。